監獄からのツイート

i am still allive, but in jail.

というツイートがタイムラインに現れた時は、驚いた。
アフガニスタンで拘束されているはずの常岡浩介という
ジャーナリストのアカウントからの約五ヶ月ぶりの「つぶやき」だったからだ。

7分後に
here is archi in kunduz. in the jail of commander lativ.
というツイートがあったきり、途絶えた。

開放の噂は、ちょこちょこ出ていたが、急な英語のツイートなので
本人かどうかは、わからない。仲間のジャーナリスト達が
バタバタと裏をとっている最中らしい。

その後、開放のニュースが流れ、3日後には日本語でのツイートが
ポツリポツリと始まった。

帰国した際の、空港でのインタビューによると、身代金目当ての
ビデオ撮影で「英語とペルシャ語と日本語で懇願しろ」と言われ
日本語が理解できないのに日本語で話させる、愚かな
犯人達に、あきれつつ、これは、政治的な取り引きは難しく
利用価値がないとなれば、簡単に殺されるだろうと、死を覚悟した
そうだ。

しかも、その日本語部分では「ぜったいに身代金を払うな」と
いい続けたとのこと。

その後、行われた記者会見では、あの、五ヶ月ぶりの
ツイートは、監視の兵士が持っていた携帯の使い方を教えながら
ツイッターというのがあるんだ、と、調子をあわせながら
こっそりツイートした、と語った。

続いて彼が語ったことは、欧米諸国には歓迎されない事実ばかりで
イスラム教徒である彼の発言がきちんと各国に配信されるかどうかは
わからない。

しかし、拘束される前から、彼のツイートでもたらされる情報は
圧倒的だった。確かに、彼は、イスラム世界では、半分
インサイダーではあるのだが、常にジャーナリストとしての
バランス感覚にあふれた視点で語り、分析する確かな目を持っていた。

記者会見での受け答えを見ていても、拘束期間中の、周辺の分析も
冷静、描写も的確で、この人は、身体の芯からジャーナリストなんだな
と感心するばかりだった。

彼は、40代になったばかり。

私の個人的な考えだが、どんな体制の国でも、社会というのは、30代と40代が作っている。
この、若くもなく、えらくもない、世代が、沈黙している国は、つまらない国だ。

日本では、ツイッターは、ちょっとしたブームになり、そろそろピークを
過ぎようとしている。

でも、新しい世代のフリーランスのジャーナリスト達の重要な発信源となっている以上
私達も情報源として、目が離せないのは確かなのだ。



Bookmark the permalink.

Comments are closed.