情報誌

桜の季節に毎年、日本を訪れる外国人を二人知っている。

どうも、日本は、特に都心は、どこに行っても人出が多くなってしまった。

桜の老木(ろうぼく)などは、昔は桜好きの大人が知っているだけで、近所の人が
ひっそりと訪れるものだったが、昨今は、一ヶ月も前から若者相手の情報誌に載り
桜の見ごろの日をインターネットで調べた人々でいっぱいになる。

今、都会で桜を楽しむには、情報誌に載らない程度の小さな場所を、早朝か深夜に
訪れるしかないようだ。


Bookmark the permalink.

Comments are closed.