めがね

眼鏡(めがね)の価格も、ここ数年で安くなった。

10年前までは、フレームが2万円。レンズが同じくらいというのが相場であった。

だんだんと安くなってきて、韓国(かんこく)や中国の安いフレームが輸入される
ようになって、料金が半分以下になった。

ちょっと問題がある。

韓国から輸入されたフレームは、デザインが似ている。
決して悪いデザインではないのだが、ほとんどが細いフレームで、眼鏡の玉が小さい
タイプだ。

国内の眼鏡メーカーは、値段では輸入物には適わないので、高級志向へと方向転換を
している。
つまり、ちょっと違うものを探そうと思ったら、国内産の高いものを買わねば
ならないのだ。

最近は、洋服でも野菜でも同じ現象が起こっているように感じる。


Bookmark the permalink.

Comments are closed.