けばけばしい・けばい



久しぶりに、大学時代の友人の家に遊びに行った。

友人には5歳になる息子がいるんだけど
その子が「ねえねえ、ママとはいつからお友達なの?」と
聞いてきたので「大学の時からだよ」と
答えてあげた。

「大学の時」というのが、5歳の彼には
イマイチ、ピンと来なかったようで、
「大学の時」にママはどんな風だったのか、
「大学」とはと、難しい質問をいっぱいされた。

写真でも見せれば納得してくれることもあるかもね
と言うことになって、昔のアルバムを引っ張り出してきて
もらった。

いやー、懐かしいねー、なんて言いながらアルバムを
開いたら、なんと、そこには、けばい1おネエチャンが
写っているではありませんか。

恥ずかしい・・・。

私達が大学生のころ、ちょうど日本はバブルがはじける
直前で、世の中みんなが派手だったと言うこともあるんだけど
何というか、眉毛が太くてしっかり書いてあるし、口紅も
濃くて変な色だったし。ついでに、髪型も服も変でした。

あまりに恥ずかしくて、二人で笑ってしまったよ。
(今は、とっても地味な私達です)


  1. 派手すぎる様子を表します。やりすぎで、美しくないというネガティヴな意味で使うことが多いです。

    今回のコラムで使っている「けばい」は「けばけばしい」の短縮形で、いわゆる正しい日本語ではないかもしれませんが、最近では「けばけばしい」というよりは「けばい」の方が多く使われていると思います。(特に若者) []


Tagged . Bookmark the permalink.

Comments are closed.