速報

テレビでは、大きな事故や地震などの場合、画面の上に文字で
緊急速報が出ることがある。

事故では、年に一度くらいだろうか、数十人の被害者が出た場合などは
必ず、速報がでるし、百人単位の事故だと、放送中の番組を中断して
ニュースのスタジオからキャスターが詳細を伝える。

日本人は、地震には、慣れているからか、ちょっと揺れるぐらいでは、速報もでない。

震度1が5だと、ガラスが割れたり、車の事故が起こったり、で死亡者が出ることもあり
津波の恐れもあるので、番組が中断されることが多い。

ただ、震度が4ぐらいだと、文字の情報が出るが、放送中の番組を中断するほどではない
というのが各テレビ局の判断のようだ。

オリンピックで金メダルをとったときは、文字だけの速報だった。

福田首相の突然の退任の会見は、各局とも放送中の番組を中断して
伝えた。

ちょうど、夜の9時半ごろで、映画や人気のドラマが放送中だった。

しかし、総理大臣が突然辞めるのは、ここ1年で二度目のことだ。
もう慣れた。

そろそろ、文字での速報程度でいいのではないだろうか。

映画やドラマを中断され、怒っている人は多い。

今度、総理になる人は、せめて、やめるときの記者会見は、人気ドラマや
スポーツ中継の時間帯は避けて、ニュースの時間帯である
23時過ぎにしてほしいものだ。


  1. 地震の大きさを表す日本独自の単位。科学的な数字ではなく、実際に揺れた印象を数字で表したものなので、被害の大きさをはかるには向いている。 []

Bookmark the permalink.

Comments are closed.