Instant Food Products

We will explain about preserved food such as traditional dried food in a different section.
Here we’d like to introduce instant food products like ramen noodles and half-cooked products. The consumption of these products increased rapidly after the war.


Traditionally, Japan has had plenty of preserved food, for instance, salted seafood, fermented products, and dried farm products.
These days, you can see instant food products occupying about half of the shelf space at a supermarket in Japan.
There are a variety of types available; dehydrated instant foods, microwave foods and half-cooked foods you can add extra ingredients to, such as fresh vegetables or meat. Because of the great range, you can actually make a different dish for everyday of the year.

Dehydrated instant foods

Speaking of instant food products, Japanese people think of instant noodles in cups first. Most cup noodle products take only 3 minutes to cook and now there are soba, udon and spaghetti cup noodles available. At most supermarkets, the shelf space for cup noodles is as big as the space for meat or fish. Many families buy them as preserved food for emergencies.

Most instant noodle products used to be cooked in pots, but now they are mostly cooked in cups.


This is how you cook udon cup noodles.

In an adult palm-sized cup like this, you can find noodles, some other dried ingredients and a packet of soup powder. Put the dried ingredients and the soup powder in the cup, pour in boiling water up to the line, put the lid on and wait for 3 minutes.

cupmen3

>>>>>>

cupmen4

Ready to eat!

*We used imitation udon noodles.


How to make curry

In Japan, the popular way of eating curry is to put curry on top of rice. Some people say curry is a national food. However, there aren’t many people who start with blending spices to make curry like the Indians. In Japan, almost everyone is dependant on instant curry products. There are two ways of making instant curry, which differs from instant noodles.

kareeko

1) Making curry using a curry stock block

Curry stock blocks are available to make curry. All you have to do is to stir-fry meat and onions, add some water to the pan and cook with a curry stock block.
You can make your original curry using your favourite ingredients cheaply this way.
A packet of curry stock is approximately 250 yen, which serves 6 people. If you use cheap ingredients, you can perhaps make curry within the budget of 100 yen per person.

2) Using a ready-to-eat curry pack

Buy a ready-to-eat curry pack from the shop, put it in boiling water and heat it up for a few minutes. That’s all you have to do.
There are a variety of ready-to-eat curry packs available these days and they even taste better than using a curry stock block.
Relatively cheap ones are about 200 yen per pack (one portion).
They are a little expensive as they don’t require any cooking other than boiling.

Half-cooked products (semi-instant products)

Since the invention of high-pressure and high-temperature sterilizing technology for packing, there has been a significant improvement in the taste of half-cooked food products.

Especially curry, for example, there are so many good, cheap kinds available, there has been a significant decrease in the number of people who make curry at home.

Except for curry, there is still a lot of room for improvement in pre-cooked products. The ones with an accent of spices taste nice, but they haven’t got to the stage where they can re-create sophisticated Japanese dishes that don’t usually have strong tastes.

Recently, half-cooked products using this high-pressure and high-temperature technology have been popular. In a small pack inside the product, you can find pre-made sauce. You can use the sauce when cooking vegetables or meat in the frying pan or in a pot. You can enjoy fresh ingredients as well as taking plenty of nutrition.

*“Cook Do products” recommended by the editorial staff

cookdo

Just follow the cooking instructions on the box. For example, the box says, “Just cook with beef and green peppers”. All you need to do is to buy the ingredients you need and spend 15 minutes in the kitchen.

Stir-fry or boil the ingredients and then cook with the sauce (see the photo).

That’s all you have to do.

Frozen food

Frozen food is popular among young housewives.
As they have to prepare lunch boxes for their pre-school children in Japan, it is handy to use frozen food products.

The technology used for frozen food has improved and it tastes pretty good too. Some of them only require thawing and heating up in the microwave, which is favoured by busy housewives.


伝統的な乾物などの保存食の説明は別に設けることにして、ここでは
戦後、消費が拡大したラーメンなどの即席食品や半調理済製品を紹介します。

日本は、昔から、海産物の塩漬けや発酵食品、農産物の乾物などの保存食が豊富にあった。
今では、日本のスーパーマーケットの半分のスペースをこの種のインスタント食品が
占領している。

お湯をかければ、できるもの、電子レンジで温めるだけのもの、生の野菜や肉にあえて作る
半調理済み製品などがあり、一年間毎日、これらの食品だけで、毎日違うメニューを
作れるほど種類は豊富である。

お湯だけでできるもの。

インスタント食品と聞いて、日本人の頭にすぐ浮かぶのは、カップラーメンだ。
お湯をかけて3分でできるものがほとんどで、今では、そばやうどん、スパゲッティなどもある。
ほとんどのスーパーでは、肉売り場や魚売り場と同じスペースをカップ麺に割いている。
災害時用の保存食としても、買って置いているという家庭も多い。
麺類のインスタント食品は、かつては、鍋を使って作るタイプが主流だったが、今や、ほとんど
このカップ麺スタイルになっている。

大人の手のひらぐらいの大きさの容器に麺と乾燥した具材、粉末のスープが入った
コブクロが入っている。スープを出して、お湯を注ぎ、フタをして、3分待つ。

cupmen3

>>>>>>

cupmen4

麺は、うどんを模したもの。


カレーをどうやって作るか?

日本では、ゴハンにカレーをかけて食べるスタイルが人気で、国民食だと言う人もいる。
しかし、インドの方々のように、スパイスをブレンドするところから作る人は少なく。
ほぼ100%、インスタント食品に頼ることになる。ただし、カレーは麺類と違って
同じインスタントでも2種類の作り方がある。

kareeko


1)カレールゥーで作る

カレールー、という、カレーのスープの元が売っている。
肉と玉ねぎをいためて、水を加えて、ルゥーを入れて煮込めば出来上がり。
安く、好きな具材を入れて、オリジナルカレーを作ることができる。
ルーだけで、6人前で、250円程度。安い具材で作れば、1人前100円以下で作ることもできる。


2)レトルトで作る

カレーのレトルトパックを買ってきて、沸騰したお湯に入れて、何分か温めるだけ。
最近は、いろんな種類のレトルトがあり、味も、ルーで作るより、美味しい。
ただし値段は、比較的安めのもので、1人前200円程度。
手間がかからないだけ、ちょっと高い。

半調理済製品(セミインスタント)


レトルトパックというものが発明され、この種の食品の味はとてもよくなった。

特にカレーは、あらゆる種類のレトルト食品が安く売られていて味もよいこともあって
自分で作る人が激減したと言われているほどだ。

ただ、このような料理がほぼ不要なレトルト食品の味は、カレーを除けば、まだまだだ。
スパイスを使うようなものは、美味しく感じるが、味が薄い日本料理を再現するには
至っていないようだ。

最近、人気があるのは、このレトルト機能を使った半調理済みの製品だ。
小さなパックに、レトルトのソースが入っており、別に買った野菜や肉とからめて
フライパンや鍋で温めたり炒めたりして作るので、新鮮な食材を楽しめるし、栄養も十分にとれる。

* 編集部おすすめ、クックドウーシリーズ

cookdo

たいてい、箱に、「牛肉とピーマンとあえるだけ」などと書いてあるので、必要な食材を一緒に買ってきて
作る。15分ほどでおかずが一品できる。

まず、指定の野菜などを炒めたり、煮たりして、中にあるこのソースと和えて終わり。

冷凍食品

冷凍食品も、若い主婦には、人気がある。
特に、日本では、小学校以前の子供の昼食のお弁当を親が作る必要があり、この手間が大変なので
お弁当用の冷凍食品が売れているらしい。

冷凍の技術もあがり、味もなかなかだ。電子レンジで解凍し温めるだけで食べられるものも多く
時間のない主婦には人気だ。



Tagged . Bookmark the permalink.

Comments are closed.