郊外型映画館1

郊外型の大型映画館が増えている。

主にアメリカ資本で、大型のスーパーと提携し、郊外にポツリポツリとできはじめた
のが10年ほど前だろうか。

駐車場のスペースはスーパーと共同だし、同じ建物の中に上映場所を作るので
経費もかからない。

一方で、古い映画館はどんどん潰れている。
最新のハリウッド映画を上映するためには、機材、特に音響設備への投資がバカに
ならないからだ。
映画会社との「おつきあい」で、人が入らない映画も上映しなければならないという
事情もあるようだ。

昔からあるこういう映画館は、繁華街にあることが多く、この映画館が
潰れた跡に映画館が新たに作られることはほとんどない。

元々、映画館が街の主役だった時代は遠い昔のことだが、今や、脇役ですらなく
「通行人」程度になってしまった。


Bookmark the permalink.

Comments are closed.