郊外型映画館2

郊外型の映画館は、シートもよく、設備は最新式だ。
しかし、広さは四分の一ほどで、出口も少ない。

先日行ったワーナーの映画館は、食べ物は2,3種類しかない。
ジュースの値段はやや高い。

利用するうちに、狭さは、気にならなくなった。
広い映画館でひとつの映画を共有している感覚は好きだけれども
これはこれで悪くない。

シートがいいことは、歳をとってくると大事なことだと感じるようにもなった。
最近は、長い映画が多く、古い映画館の堅いイスではロードオブザリングを
見るのは辛いかもしれない。

ただ、気のせいかもしれないけれど、音が気になった。
特に高い音で、デジタル特有の不自然なニュアンスが出ていたような気がする。


Bookmark the permalink.

Comments are closed.