床屋での注文

床屋での会話。70歳ぐらいの男性と若い女性店員。

□ うーん。どうしようかな、暑いし、ボウズにするかな。
■ そうですか。
□ でも、なあ、ボウズはちょっとねえ。
■ でも、今、丸刈りの人多いですよ。流行ってますし。
□ ああ、そうだねえ。テレビでもよく見るよ。
■ ええ、スポーツ選手のマネする人が多くて。
□ 一度も丸刈りをされたことがないんですか。
■ え、ううん。
□ お小さい頃は?
■ ぼっちゃん刈りだったから。
□ ああ、おぼっちゃんだったんだ。
■ いや、まあ短くしてよ。ボウズはなし。
□あ、そうですか。わかりました。

しばらくして、この男性は、隣の男性がボウズ頭にしているのを
チラと見る。

■ あ、やっぱりボウズしてみよう。ボウズボウズ。
□ あ、そうですか! 5ミリぐらいでしょうか。
■うん、そうね。暑いしね。
□ 人生で初めてのボウズ頭ですよね。私責任重大だわ。
■ ははは、簡単だろ。バリカンでチャッとやるだけだし。
□はい。きっとお似合いですよ。

この男性がチラと見たのは、私のボウズ頭。
一人の男性に重大な決断をさせてしまった。


Bookmark the permalink.

Comments are closed.