骨伝導(こつでんどう)

老人大国である日本には、さまざまなハイテク介護用品がある。

最近は、骨伝導(こつでんどう)という言葉が一般的になりつつある。

これは、直接、体にスピーカーをあてることで、振動で音声を伝えるという技術らしい。

数年前から、電話機に応用され、耳が遠い人、特に老人用の電話機とされ
市販されていた。
だが、少し高かった。普通の電話機で、3,4万円といったところで、一般の
お店にはなく、取り寄せないと買えなかった。

この技術は、現在、携帯電話に応用されている。
騒音が大きな街中でも音声がはっきり聞き取れるからだ。
骨伝導の技術は一気に普及し、価格も下がった。

今では、普通の携帯電話とさほど変わらない値段で売られている。


Bookmark the permalink.

Comments are closed.