車の欠陥

大手の自動車会社が製造した車の欠陥を明らかにせず
密かに修理を続けていたことが報道され、同じようなケースが続々出てきた。

この会社は、数年前にも同じ事件が発覚したが、その時も、その後も、同じことを
続けていたようだ。

車を購入すると、購入した販売店から、定期点検の案内が届く。

「新車を買ったら、最初の3年は、販売店で点検したほうがいいよ」
と友人に忠告されたが、理由がわからなかった。

販売店での点検は、一般の店よりも2,3割は、値段が高い。

つまり、理由は、どこの会社でも、自社の車の欠陥はよく知っている。
新車が出てから1,2年の間に欠陥がわかり、点検と称して、こっそり修理することがある。
ということらしい。


Bookmark the permalink.

Comments are closed.