内部告発2

内部告発は、個人が自分の良心に従って行ったものだとは考えられず、組織に
対する裏切り行為だと考えられる。

日本の会社は、江戸時代の「藩(はん)」のようなもので、藩に対する忠誠心は
国家に対するそれよりも重視される。

むしろ、国家という大きな枠組みより重く見ることで、その結束は、強化される
という構造がある。

と語ったのは、作家の司馬 遼太郎(しば りょうたろう)だった。

多かれ少なかれ、こういうことは、どの国の会社にもあることかもしれないが
日本の社会には、その歯止めになるべき「何か」が欠けているような気がしてならない。


Bookmark the permalink.

Comments are closed.