自転車

自転車は、一万円でおつりが来るようになった。

10年ほど前から、極端に安い自転車を売る店が増え始めた。
そのころ、普通の自転車は、3万円くらい。
安い自転車は、15000円だった。

安い自転車の正体は、中国や韓国で作られたもの。

当時は、「壊れやすい」とか
「壊れて自転車屋にもっていっても、修理してもらえない」などと
ささやかれていた。

今は、どこへ行っても修理できる。

自転車屋は経営が厳しく、いまや圧倒的多数となった安い自転車の
修理が減ると、死活問題だからだ。


Bookmark the permalink.

Comments are closed.