薄型テレビ

夏が暑いと、エアコンが売れる。

とか

オリンピックの年はテレビが売れる。

とか、言われるが、こういう予測は結構あたるもののようだ。

薄型テレビが売れている。

液晶(えきしょう)とプラズマ方式の2つが主流で、値段は1インチ1万円以上。

新聞に入っている広告も、テレビ、テレビ、テレビだ。

スポーツを大画面で見たいという気持ちはわかるけれども、薄型である必要はない。
同じサイズなら、古い形式なら、四分の一以下の価格で買うことができるし
機械の寿命は古い形式のもののほうが、圧倒的に長い。

しかし、店頭にはもう古い形式のテレビは、ちょっぴりしか置いてない。

今、買おうとすると、「え!こちらを、お求めですか!」
なんて店員に驚かれるのではないだろうか。


Bookmark the permalink.

Comments are closed.