のんびり

ゆるやかな山の線を背景に、田園が広がっている。
近くには川が流れており、夏には、子供たちが木造の橋から飛び込むことで勇気を示す。

村には、コンビニが一軒。

バイクに乗った高校生が、いつもたむろしているが
店を訪れる人に、「さっき、お母さんが呼んでたぞ」と言われると、あわてて帰る。

村長さんは、若いころ、災害に見舞われたこの地域を命をかけて救ったことで
村民からたいへんに尊敬されているが
本人は、そのことを語りたがらない。

村長は、たびたび、県庁に出かけては、県の職員と喧嘩をして帰るため補助金は
少ないが、村の農産物は、評判が高く、財政は安定している。

村には釣り客のために民宿が一軒あるが、釣りが目的で来た客は、すっかりこの村の
のんびりした空気に染まり二日も滞在すれば、釣りもそこそこに、地元の子供たちと
カニを取って遊んだりするようになる。

ああ、こういうところで、一週間、のんびり休みたい。


Bookmark the permalink.

Comments are closed.