別荘

別荘(べっそう)を持っている人というのは、限られたひとにぎりの人々だ。

別荘は、刑務所(けいむしょ)を意味することがある。
「別荘に行ってました」と言って変な顔をされたら
もう少し、見た目に気を配ったほうがいいということだろう。

日本では、高原の夏でも涼しいところや温泉地などに別荘地がある。
海が好きな人は海の近くに。山が好きな人は高原に。

別荘を持てるのは、年収一千万以上は必要だろう。

例えば、トヨタで働いている人の中でも、将来は社長かもというぐらいの出世街道を
歩く人物が50歳になったころ、こっそりと購入することができるかもしれない。

このくらい別荘というのは、特別なものなんですね。


Bookmark the permalink.

Comments are closed.