プロ野球騒動2

日本にはプロ野球のチームが12あった。

それが、来年は10になるのではと言われている。
本来ならは、スポンサーの企業が代わればいい話だが、閉鎖的なプロ野球の
オーナー企業の取り決めで、新たに、チームのオーナーになるためには、さまざまな
障壁(しょうへき)があり、新しい企業や外資系の企業は参加するのは、不可能に近い。

チームの合併で、事実上、縮小に向かうプロ野球だが、これにはプロ野球の選手たちも
ファンも反対している。


Bookmark the permalink.

Comments are closed.