Apple

私は30歳になってからパソコンを始めた。
使いやすいという評判のAppleを買った。

Appleは評判どおり使いやすいパソコンだった。
サイト作りに必要なグラフィックソフトやフリーソフトも充実していて
個人で仕事をする武器としては最適だった。

しかし、仕事に使う機会が多くなるとウインドウズの知識も必要になってくる。
よくある理由で、ウインドウズも使うようになった。
ウインドウズは特に特徴はないがユーザーが多いということはいろいろと便利だし、安い。

もう3年ほど両方、使ってきた。

Appleは、2年ほど前にOSをガラッと変えた。
評判は高いが、古い機種では、そのOSは使えず、ソフトはすべて買い換えないといけない。

今、私が持っているAppleは、そろそろ買い替えなければならないようだ。
フリーズすることが多くなった。

さて、もう新しいAppleを買う経済的な余裕がない。
ハードだけなら、まだしも、ソフトもすべて買い換えるとなると、途方もない
お金がかかってしまう。

今年中には、完全にウインドウズに乗り換えることになりそうだ。

Appleにはお世話になった。サイトを自分で作ったり日本語のデータベースを
作るなんてことは、Appleでないとできなかったかもしれない。

私はハードには、まったく興味がない。
車もパソコンも道具に過ぎないし、ファンになったりはしない。

でも、Appleはいいパソコンでしたよ。


Bookmark the permalink.

Comments are closed.