プロ野球1

プロ野球が話題の中心になっている。

現在、12の球団があるが、この数を維持するだけの余裕がなくなってきた
ということのようだ。

球団を減らして、現在の収支を維持するか、それとも、数を維持したまま
企業努力で打開するか、という2つの道がある。


Bookmark the permalink.

Comments are closed.