郊外型

やまだ、こじま、のじま と聞くと、人の名前かなと考えるのが普通だ。

しかし、この3つの名前で電気屋(でんきや)を連想(れんそう)することが
できたら、相当な日本通である。

これらは、大きな道沿いに多い、郊外型(こうがいがた)と呼ばれるタイプの電気店だ。

昔は、安い電化製品を買うには、特殊な場所に行かないといけなかったが、今は
この郊外型電気屋のほうが安く売り上げも圧倒している。


Bookmark the permalink.

Comments are closed.