大統領選挙

アメリカ大統領選挙は、もちろん日本でも報道されているが
さほど盛り上がらなかった。

ケリー候補の路線がいまひとつ、はっきりせず、もし選挙に勝ったとしても
路線はそれほど変わらないのではないかという意見が多数を占めていたことと
ブッシュ氏の優勢は最初から明らかだったことが理由かもしれない。

先週は、新潟の地震のニュースが大きく取り上げられていて国際ニュースは影が薄かった。

日本のポップス歌手などによく見られる現象だが、人気が出始めて、一年ほどすると
あっという間に新鮮さが失われ、ずるずると飽きられてしまうということがある。

昔に比べると、皆が「飽きっぽく」なっていることは確実だが、もうひとつの理由に
自分のフアンに対してパフォーマンスをするようになることがある。

安定してコンサート会場を満員にし、CDを売り続けるためには最も効率のよいやり方
だからだろうか。
最初から3年か4年しか人気は続かないとわかっているなら下手に冒険はしないほうが
よいという大人の判断ともいえる。

人気が出始めのころは、不特定多数に向けて作品を作り、メッセージを伝えようとする
情熱があり、たいへんなエネルギーが必要だが、自分でも気が付かないうちに
「楽」をするようになる。

一旦、人気が出て、自分の支持者が見えてくると、今度はその人々を喜ばすために
作品を作ることになる。一番安全な方法は、自分の作品をなぞることだ。

もちろん、ここから少しずつ崩壊は始まっていくことは、承知の上だ。
もしかすると本人は気が付いていないのかもしれないが。

ブッシュ氏も、ケリー氏も、もちろん、小泉氏も、今や、自分の支持者にむけてしか
メッセージを発する力しかないのかもしれないが、どこかで頭のいい人が
まあ、2,3回選挙に勝てればいいのだと考えているのかもしれない。


Bookmark the permalink.

Comments are closed.