引越し、その2

引越し屋は、競争が激しいせいか、ギリギリの値段を提示してくる。

今回は、3人が50キロ先に引っ越すのに、4つの会社に見積もりを出してもらったが
結局、大手の会社が圧勝(あっしょう)だった。

いろいろなコースがある。

荷物の梱包(こんぽう)を全部自分でやるのが標準コース。
これが16万円。

梱包だけ引越し会社がやって、運んだ後の箱を開けるのは自分でやるのが20万円。

全部、引越し会社にやってもらうのは26万円。

私は、20万円のコース。
10トンのトラックと7人のスタッフでやって、ほぼ12時間かかった。

経費を考えると、この20万円は安い。

他の会社は、平均で28万円の見積もりだった。
どこに違いがあるのか?

安かった大手の会社は、見積もりは10分。作業服の人が家に来た。
無駄話しはいっさいしない。

他は、いずれも、スーツ姿の営業マンが見積もりに来てしきりに他社の額を
聞きたがり、帰った後も、「もう少しお安くしますから」と何度も電話してきた。
「プレゼントです」と、お米とか、ティッシュとかどうでもいいものだ。
会社のロゴマークが付いている。

最も安かった大手の会社は、丁寧だと評判もいい。

他の会社を選ぶ人はいるのだろうかと心配になるほどだった。

会社の経営とは、難しいものだ。


Bookmark the permalink.

Comments are closed.