野菜

田舎に引越して、野菜は、近くで採れたものを買うようになった。

農家の人たちの組合が売るその店は、農家同士で違う野菜を買ったりしている。

ネギを作っている人が、白菜を買ったり、茄子(なす)を作っている人が
じゃがいもを買ったり。

お互いにプロ同士が買う場所なので、ごまかしが効かない。

そこの野菜は、新鮮で、味もいい。

あきらかにスーパーマーケットの野菜と違うところは「もち」がいいこと。
なかなか腐らない。
店では、「このあいだの、おいしかった!」なんて会話が聞かれる。

さて、私は、最近、パソコンの調子が悪く、ノートパソコンを買うことになった。

カタログを見ては、性能を比較するウンザリする日々が続き結局、IBM のThinkpadを
買った。

このThinkpadは、三代目で、買い続けている理由は、最初に買ったThinkpadも
動いていて、メーカーもきちんとカタログをサイトに載せ、修理のための部品も
取り寄せることができる、というところにある。

モノを作る会社としての「誠実さ」が日本のパソコンメーカーにないのは残念だ。

パソコンと野菜、関係がないようで、あるような話でした。


Bookmark the permalink.

Comments are closed.