あじさい寺

2月の梅、3月から4月の桜、5月の新緑ときて6月は、紫陽花(あじさい)だ。

紫陽花は、寺に見に行くことが多い。

日本各地に、あじさい寺、と呼ばれている寺がありこの季節は、人でにぎわうことになる。

正式な寺の名前は、別にあるのだけれども、花の名前で呼ばれる寺は、いろいろある。
あじさい寺、つつじ寺。

花の季節になると、有料駐車場や売店を作り、集客に熱心な寺もある。

寺の経営のためには、かかせない行事になっているようだ。


Bookmark the permalink.

Comments are closed.