接写(せっしゃ)

□ デジカメ買ったんだよ。
■ へえ、いいね。
□ 3年ぶりだからね。もう劇的に性能がよくなってた。
■ 前に持ってたやつは、どんなの?
□ 200万画素(がそ)でね。これで十分と思ってたけど。
■ やっぱり、新しいほうがよかった?
□ うん。全然、違った。
■ そんなに違うものかな。
□ あのね。よく写真コンテストなんかで、花とか虫の接写(せっしゃ)の写真が
  あるでしょ?
■ うん。
□ あれ、撮る気持ちがわかった。
■ へえ。
□ つまりね。自分の目で見るより見えるわけ。
■ え、どういうこと?
□ 普段は、虫とか花に近づいて見ないでしょ?
■ そうだねえ。
□ それが見える喜び。
■ なるほどね。
□ でもね。他人が取った接写(せっしゃ)の写真には興味がないんだ。虫でも、花でも
■ どうして?
□ やっぱり、自分が見たものが、拡大されてないといけないの。
■ ああ、つまり、自分が見たものじゃないと感動はないのね。
□ そうそう。だから、コンテストの写真は、あまり理解できない。未だにね。
■ よく写ると、撮りたいものが増えるってことね。
□ まあ、そうだね。自分の鼻の穴を撮ってみたりして。


Bookmark the permalink.

Comments are closed.