義務教育

この夏は、世界水泳、世界陸上と、スポーツの大きな
イベントが続く。

この種の大会に、毎回、たくさんの選手を送ることが
できるというのは、やはり、国が豊かな証拠かも
しれない。

日本では、義務教育は、9年間で、6年間の小学校
3年間の中学校に分かれるが、よほど山奥でもない
かぎり、その地域に1人でも子供がいれば、学校が
作られる。

学校には、プールと一周200程度の校庭(こうてい)
が作られる。

日本では、なかなか自分の国が豊かである実感を
持てる機会が少ないが、すべての子供が泳いだり
走ったりすることができるというのは、幸せなことだ。


Bookmark the permalink.

Comments are closed.