天使

毎年、12月は、年末年始にテレビで古い映画をやるし12月1日は、映画の日で
昔から入場券が半額だったこともあって、12月は、なんとなく「映画の月」
という印象がある。

特に、年末年始のテレビ映画は、古いハリウッド映画ビングクロスビーとかボブホープ
ジョンウェインを見ることができる数少ないチャンスだし、クリスマスは
「素晴らしき哉、人生!」(It’s a wonderful life)で泣くことになっていた。

残念なのは、90年代からは、すっかり様変わりしてSFばかりやるようになったことだ。

今の子供達は、名作を観る機会が完全になくなってしまったことになる。映画館では
気取った映画通が見るような映画は時々やっても、昔の西部劇なんてまったく観ることは
不可能だ。

フレッドアステアの、あの宙に浮いているような天使のような動きを見たことがない人と
ダンスの話をしたくはないし、ジョンウェインがライフルをぶっ放すのを観たことがない
人と映画の話をしたくはない。

若いころに、あの楽しみを知らずに大人になるなんてもったいないなあと思うばかりだ。


Bookmark the permalink.

Comments are closed.