サッカーとダンスと料理

日本では、文武両道(ぶんぶりょうどう)などと言って運動神経がよく
スポーツでも活躍し、学校での成績がいい人が理想だとされてきた。

最近は、「武」のほうは、どうでもいいようで、親は子供に、外国語とコンピューターを
学ばせるのに熱心だ。

ロナウジーニョは、ダンスもプロ並みで、オリジナルのステップをいくつも持っている
そうだ。しかも彼は、料理も上手くて、パーティでは、彼の料理を楽しみにしている人が
たくさんいるという。

サッカーとダンスと料理、この3つすべてで、人を幸せにできる人は、日本には
いないような気がするし昨今の教育事情を見ていると、これからも出てこないような
ような気がする。


Bookmark the permalink.

Comments are closed.