ワールドカップ

日本では、夜の12時ごろから試合が始まる。
サッカー好きは、4年に一度寝不足の一ヶ月を過ごすことになる。

ワールドカップは、かつては、神聖な大会であった。

どんなに強くても、画期的なスタイルを生み出しても、長年にわたりサッカーの歴史に
貢献しないとメンバーにはしてもらえず、その中でも特別にサッカーに愛されている国
にしか、優勝は与えられなかったからだ。

しかし、その神話は、1994年のアメリカ大会で終わったのかもしれない。

それはともかく。。。今回は、ロナウジーニョを見るための大会であることは間違いない。
ただ、あの監督には、注意が必要だ。
彼は、94年にあの退屈なチームでワールドカップの神話を終わらせたかもしれない
張本人だからだ。

ブラジル以外はパッとしないのも事実だ。

ヨーロッパの有力国で本気でワールドカップで優勝したいと考えているのは唯一
ドイツだけかもしれない。その意味で、優勝候補であることは間違いないが
ドイツのゲームを見るために、深夜2時まで起きていようという気はしない。

イングランドは、確かに、ここ数十年で一番のチームだ。ただ、優勝チームの
キャプテンに相応しい顔というものがあるような気がする。
それは、ベッカムでなく、ジェラードだ。このキャプテンの人選ミスが響かないことを
祈る。

イタリア、フランスは、残念ながら、ピークを過ぎた選手が多くチームとしての
まとまりに欠ける。それぞれ、ジラルディーニョとアンリという決定的なフォワードが
いるがもはや、フォワードだけでは、優勝にたどり着くのは難しいのではないか。

アルゼンチンは、いつも優勝候補だ。
世界一のディフェンスとしたたかな中盤、才能あふれるフォワード。
ただ、このチームの唯一の弱点であるポジションは、監督。
毎回チーム作りで失敗している。。

スペインは若手の活躍いかんでは、ちょっと期待できるかもしれないし本来なら
サッカーの神に優勝を与えられてもおかしくない。オランダも不安定だけど悪くない。

ただ、ワールドカップで優勝するには、ある種の「傲慢さ」が必要だ。

ヨーロッパで優勝経験があるのは、イギリス、ドイツ、フランス、イタリア皆
自分がヨーロッパの中心だと思っているような国ばかりである。

サプライズを起こすなら、アメリカ。

アメリカのサッカーは、いつも、別のスポーツをしているようにしか見えないが
神話が失われつつある今、こういう「野蛮なチーム」が活躍する可能性は高い。

私はひょっとしたら、かなりのところまで行くのでは、と思っている。

アジアでは、イランは常に、魅力的なチームだ。
しかし、メキシコとポルトガルから勝ち点を奪うのは、ちょっと厳しいかもしれない。
フランスの次の席を目指す韓国は、前回より力はちょっと落ちるかもしれないが
スイスとトーゴは、勝てない相手ではない。

ベスト8は不可能ではない組み合わせだ。アジアは、一カ国も予選を突破できなかったら
次回から出場枠が減らされる可能性もあるので、韓国には、こういう時は、確実に
一次予選は突破してもらいたいものだ。

—————————————————————–

個人的には、どこが優勝か、ということには、正直言って、あまり興味がない。
ワールドカップというのは、敗者が主役になる大会なのだ。
こういう圧倒的な本命がいる大会では、本命が負け、守備的な地味な大国が勝つ
というのがこれまでの慣例だ。

これで言うと、ブラジルを破ったアルゼンチンとドイツで決勝。

で、ドイツが優勝というのが、いちおうの予想です。

予想とは別に、私の希望は、順調に勝ち進んだブラジルと、ジダンが復活した
フランスとの決勝。この組み合わせなら、勝敗もスコアもどうでもいい。

———————————————————————–

最後に日本チームのことを。日本は初戦にオーストラリア、二戦目にクロアチア、最後に
ブラジル。おそらく、世界中で、ブラジルとクロアチアで決まり、と予想されている
グループFである。
不運である。

オーストラリアは、ここ数年で洗練されてきたチームだが、ワールドカップの初戦で
しかも、最も勝てる可能性がある日本ということでかなりハードにくると予想される。
ただ、エジプトの審判は、あまりファウルをとってはくれず、これが日本には不利に
働く可能性が高い。
カードだけでなく、ケガも心配だ。初戦で中田がケガをすれば日本はアウトだ。
中村のコンディションも、いまひとつ。
左サイドの守備にも不安が残る。

クロアチアは、ヨーロッパの中では、最も「激辛(げきから)」つまりまったく
甘いところがないチームだ。今のところ、勝つイメージは、まったく浮かばない。。。

ついでに言うと、ブラジルも、オーストラリアのタックルには注意すべきである。
予選でロナウジーニョが大怪我をしたら、ワールドカップは終わってしまう。

それだけは避けてほしいものだ。しかしながら、日本史上最高の質を持つ選手達が
最も充実した年齢を迎えたワールドカップであることは間違いない。
この史上最高のチームを任せるのは、最高の監督であるべきだった。
ただ、この4年間、日本経済は落ち込み、監督に支払うお金はなかったのだ。
例えば、クライフと中田がケンカするところを見たかったのだが。。。

大会後、もし、中田が代表から引退すれば(私は、そんな気がしている)今後は
ワールドカップの出場も難しくなる。

日本のサッカー暗黒時代の始まりかもしれない。ワールドカップで、そこそこに戦える
チームを派遣できるのは今回が最後になるかもしれない。

ジーコは、監督としては、4年間、ほとんど何もしなかったが、恐るべき強運の
持ち主なので、何かが起きるかもしれない。


Bookmark the permalink.

Comments are closed.