多機能住宅

日本の消費者は、商品の性能を重視する。

日本に進出してきた海外のメーカーは、電子レンジにトーストが焼ける機能が
ついていないとか、洗濯機に乾燥機能がついてないという不満に驚くそうだ。

トイレも機能満載だ。
座るところが、温かくなる機能。ビデはもちろん、温水でお尻を洗う機能。
この温水の温度も水が出る勢いの度合いも、調節できる。
消臭機能は、当然ついている。
最近の流行は、尿や便の状態を分析して、健康状態をチェックする機能。
さらに進化して、このデータを蓄積し、パソコンで管理するシステムもある。

お風呂は、当然、機能満載だ。
私のうちは、15年前に作られたものだが、ボタンを押せば設定した量のお湯が設定した
温度で、たまるようになっている。
最近は、これに自動的に洗浄する機能が付き、さらに、音楽が流れたりテレビが
つくようになった。
ジャグジーは、もう一般の家庭でもついていることが多いそうだ。
ネットに繋がり、携帯電話で、操作ができる。
帰るころには、お風呂の準備ができているという機能は、もう10年前から宣伝している。

ばかばかしいと思っていても、冬のあたたかい便器は、もう欠かせないものに
なっているし、お風呂のお湯を溢れさせる失敗がなくなったことも、ありがたい。

日本を訪れた際は、京都に行ってお寺を見るのもいいけれどもトイレやお風呂の
ショールームに行くのも面白いかもしれない。
無料だし、バカバカしいほどの機能を詰め込んだトイレやお風呂は、ここにしか
ありません。


Bookmark the permalink.

Comments are closed.