「生存」のコスト

家庭には、常備しておくものがある。

日本の家庭で、3人家族で一ヶ月に必要な量は、今、だいたいこんなカンジだろうか。

米、10キロ。4000円。
みそ、2キロ。1000円。
お茶の葉、300g、2000円。
ダシ用いりこ、みそしるのだし用。3パック、1500円。
たまご、常に冷蔵庫に6つぐらい入っている。
月、60個。10個パックで200円程度。
牛乳、常に冷蔵庫に1リットルパックがある。月10パック。
バターかマーガリン、月一パック、300円。
コーヒー、紅茶など、月、2000円程度。

食事の時には、お漬け物なども必要ですね。
できれば、2,3種類ほしいところ。これが結構高くて、月、3000円程度。
しょうゆ、和食が多い家庭は、3リットルぐらい? 1000円。
みりん、日本酒、いずれも和食に使う。3リットル、1500円。
その他、調味料、例えば、さとう、塩、こしょう、マヨネーズケチャップ、わさび
からし、などなど。
きれたら補充する、月3000円程度かな?

飲食に使うものだけで、3万円程度だろうか。

もちろん、ぜいたくをして、いいものを買えばすぐに倍になる。

「うちは、お茶だけはぜいたくをする」とか「お米は、安いものはイヤだ」と
家庭によって千差万別である。

これに、「おかず」の食費がかかる。

30~40代の夫婦で子供が学校に行っている場合のおかず代は月3~5万円くらい
だろうか。ということは、3人家族の一ヶ月の食費は、月に平均で8万円程度かかる
計算になる。

もちろん、このほかに、台所周りの消耗品、洗濯、消臭剤、洗面トイレットペーパーなど
最低、月に1万円程度の出費は覚悟しないといけない。
で、ここまでで、9万円。

さらに、車の維持費が駐車場代とガソリン、税金、保険で月2万円。
最近は、携帯電話の料金がひとり1万円程度だと言われている。
3人で3万円。
電気代一ヶ月の平均が1万円。
ガスが5000円。
水道が3000円。
電話代が8000円。

ここまでで、146000円。

子供が中学生なら、学費と雑費で月3万円。家賃が3LDKの狭いアパートで、10万円。
合計、276000円。

しかし、このお金は、「生存」に必要なだけで、映画も本もお酒も楽しめない。
本は、一冊1500円だし、映画は一本、1800円だ。
もちろん、旅行にもいけないのだ。


Bookmark the permalink.

Comments are closed.