写真辞書製作中


和箪笥

写真辞書は、1998年に作り始めたが、まだ項目は、130ぐらいだ。
ひとつの項目に複数の写真を使うことも多いので、写真の枚数は300近くあるかも
しれない。

しかし写真を撮るのは、いろいろと障害が多い。

今の日本では、独身の中年男性がデジタルカメラを持ってウロウロしているというのは
ほとんど性犯罪者だと思われてしまう。

学校や制服、ルーズソックスの写真を撮るのは、決死の覚悟だった。

暴走族も、ヤクザの事務所も撮ってみたいが、命を引き換えの作業になってしまう。

伝統工芸品も、いいものは、茶碗ひとつで数万円もする。
この写真辞書は、普通の日本人の日常の風景を撮ればいいと考えているので
安いものを撮っているが、そうすると、「あんな安物で日本の伝統工芸を紹介するな」
という意見が来る。

写真に顔や電話番号などの情報がうつっていると、消さなければならない。

食べ物をとるのは、難しい。
カメラマンの中でも上手に撮れる人は少ないそうだ。

写真辞書は、簡単に作れそうで、手間もかかるし、責任も重い。

まあ、大手の会社が予算を使えば、同じようなものは、いくらでも作れるが
10年近く、アレコレと考えながら、コツコツ作ってきたものにも多少は見るべきところは
あると思います。

写真辞書は、来月の1日にリニューアルして公開します。
このブログと同じシステムを使って、検索したり、過去のデータにアクセスしやすいように
工夫しました。
古い画質の悪い写真は、削除したり、入れ替えたりしています。

ただいま、作業中。

お楽しみに。


Bookmark the permalink.

Comments are closed.