青春18切符

この切符は、日本最大の鉄道会社であるJRが、夏と冬、春に発売する
それぞれの季節で40日間、使うことができる割引切符である。

5枚セットで11500円。一枚で、一日にかぎりJRの鉄道が乗り放題になる。
ただし、鈍行(どんこう)しか乗ることができない。

朝一番の電車に乗れば、24時までは、乗ることができるので、がんばれば
400キロぐらいは移動できる。

青春18切符という名前になっているのは、高校生や大学生が自由に旅行に
使える切符、という意味だが、年齢制限はなく、最近は高齢者にも人気だ。

若い人は、この切符をいかに有効に使うかを考える。なるべく朝早い時間に出発し
どこまで行けるかを競う。
がんばれば、東京から北海道まで1枚の切符で行けることになる。

高齢者は、途中下車をしながら、ゆっくり鈍行で巡る旅を楽しんでいるようだ。

私は、5年前に、この切符を使って東北まで行ったことがある。
朝、4時に起き、5時に東京を出発。夜の8時に秋田に到着。
翌朝、青森を走る五能線(ごのうせん)を往復した。

五能線は、日本で最も海の近くを通る路線で、2時間近く海岸線を楽しめる。

五能線

ヘトヘトになったが、楽しい旅だった。

今は、春の青春18切符が発売中だ。

今回は、20周年記念で、5枚で8000円だそうだ。一枚、約1500円。
東京から京都まで、1500円で移動できることになる。ただし10時間近くかかる。
ちなみに新幹線なら、3時間以内だが、25000円だ。

10時間かけて京都まで行くのも悪くない。

あえてゆっくり行く旅を楽しめるのは、学生か、リタイアした高齢者だけというのは
さびしい話だが、外国人の旅行者にもお勧めの切符だ。


Bookmark the permalink.

Comments are closed.