間違った?

プレイステーション3は、発売前からいろいろな議論を呼んだ。

SONYは、次世代DVDの規格争いの決め手として考えているようで
自社の規格を搭載し、発売する予定、価格は、7万円前後になると発表。

しかし、この価格は明らかに子供のゲーム機としては高い。
事前のアンケートでも「すぐには買わない」という人が多数だった。

これを受けて発売前に値下げを発表。
しかし、値段は、まだまだ高い。

プレイステーション2の時代からソフトに疑問を持つ人は多かった。
シェアが圧倒的といこともあり、多数のソフトが発売されているが、面白いといえる
ゲームがあまりにも少ないという意見は強かった。

ゲームソフトは、5000円前後で、つまらなくても簡単に諦められる値段ではない。

さて、プレイステーション3が発売されたとき、私を含めて多くの人が
「SONYは間違ったんじゃないか?」
と思ったものだ。

結果はご存知のとおり。
もうSONYは、ゲームのシェアを奪いかえすのは無理だと言われている。

最近、SONYは、おかしなことばかりやっているように思うのは、私だけだろうか。。。

新しいiPodは、ほとんどの機種にビデオ画面が搭載され、高価になった。
音楽を聴く機械ではなくなった。

「機械好き」には、たまらないかもしれないが。。。

どう考えても、アップルも、「間違った」ような気がする。

しかし、日本人と違って、アメリカ人は、間違えを訂正するスピードは速い。

私は、年末に、音楽専用の小さくて安い、新しいiPodが発売されなければ、他に乗り換えます。
iTunesもソフトとしては、だんだん重くなって使いにくくなってきたし。

と、たまには、コンピュータの話題もいいかと考えて書いてみました。



Bookmark the permalink.

Comments are closed.