心配の種

ACミランは、サッカーファンであれば、世界中の人が知っているだろう。
今、来日している、クラブサッカーの世界一を争うトーナメントが日本で
行われているからだ。

さて、日本でサッカーのプロリーグが始まったのが、15年ほど前。
私は当時、住んでいるところから一番近くのチームを応援することに決めた。

そのチーム、浦和(うらわ)レッズは、「リーグのお荷物」と呼ばれた。
弱く、客も少なかったからだ。

しかし、ここ5年で急に強くなった。スタジアムは常に満員で、常に優勝争い
をしている。古くからのファンは、まだ、この「強いレッズ」に慣れていない。

あさって、この浦和レッズは、なんと、ACミランと試合をすることになった。

レッズの最も重要なゲームメーカーは、怪我で出場しないし、調子はいまひとつだが
サッカーは何が起こるかわからない。
実力差は、歴然としているが、30回やれば、1回ぐらいは勝てる可能性があると思う。
その1回があさってかもしれない。

ただ、世界のサッカーファンは、この無名のチームがACミランに勝った時
許してくれるだろうか?

ちょっと心配している。

ホントは、ちょっと期待している。



Bookmark the permalink.

Comments are closed.