XP的停滞

最近、思いついたことなど。

・ プーチンさんは、今後、SPに扮装して、新大統領について回るのはどうか?
  多分、こういうアイデアのマンガが世界中の新聞や雑誌に載っているでしょうね。

・ オバマさんは、日本のニュースでは、「オバマ氏(し)」と紹介される。
  日本の「小浜市(おばまし)」が、応援の手紙を送ったり、その返事が返ってきたと
  市長が自慢げに、紹介したりと、大騒ぎしている。
  
  調べてみると、この小浜市は、人口が3万人程度。
  面積は、232.85平方キロメートル。
  海と原子力発電所も近く、アメリカ軍基地を置くには、ぴったりかもしれない。

・ そろそろオリンピックの話題が目立ってきた。テレビやDVDレコーダーは新製品ラッシュ。
  競技のスケジュールは、大スポンサーであるアメリカのテレビ局に決定権があり、人気競技の
  決勝が深夜になったり、予選が早朝になったり、するそうだ。
  こういうことに堂々と異議を唱える選手が現れたら、どこの国であろうと、私は全力で
  応援するのだけれど。

・ ウインドウズVISTAは、ハードの性能が要求されるので、OSだけチェンジ
  というわけにはいかない。
  おまけに、XPとVISTAの機能の違いは、さっぱりわからない。
  というわけで、なんとなくXPを使い続けている人は多い。

  このことは、なんとなく、今の世の中を象徴しているような気もしますね。
  「XP的」「VISTA的」なんて言い方もそのうち流行るかもしれません。



Bookmark the permalink.

Comments are closed.