肖像権(しょうぞうけん)

写真は、撮りにくくなった。

私たちのサイトには、写真辞書というコーナーがあり、そのために、いろんな写真を
撮ってきた。

この写真辞書、そろそろ全面的に見直さなければならない。

数年前、人の顔や看板の電話番号などが写っていないかチェックし、問題のある写真は
修正した。
古い写真で写りが悪いものも、一部を除き、削除した。

今年から、来年にかけて、もう少しいいカメラで撮ったものに順次入れ替えていく予定だ。
いいカメラで撮ると、写りがいいかわりに、人物が特定しやすい、カメラ付き携帯やブログの
流行もあって、カメラを向けられることに、昔ほど、おおらかでなくなったように思う。

特に、若い世代は、自分は、携帯で、ところかまわず撮るくせに、自分がカメラを
向けられることにピリピリしているような空気がある。

仕方がない。
今後、写真を撮るうえで、場所や人物が特定できる場合は、辞書に載せてもいいか
という許可を求めるフォームを作り、サインをもらうことにした。

もう木村伊兵衛1のようなスナップを撮る人は現れないかもしれない。


肖像権なんて考えたこともない、という被写体のほうが、いい写真が撮れるような気がする。

犬


  1. きむら いへい 20世紀の日本を代表する写真家 []

Bookmark the permalink.

Comments are closed.