抜け道

2005年、個人情報 保護法(こじんじょうほう ほごほう)がスタートしてから
街中で写真が撮りにくくなった。
スナップを得意とするカメラマンは、困っているらしい。

このサイトでも、写真辞書、というコンテンツがあり、写真を撮る必要があるので
困っている。

特に、人を撮るのは、ほとんど不可能になった。

中年の独身男性が、子供を撮るのは命がけだ。
日本で特徴的な、小学生の集団での登校や下校の様子も撮りたいけれども
教育目的でウェブサイトに掲載したい、なんて言っても、まず、信用してもらえない
可能性が高い。


仕方ないので、知人や自分の家族などを撮るしかないが、ネット上に
掲載すると言うと、あまりイイ顔をしない。

先日、ふと、自分の家族の古い写真を、カメラで撮る、というのを
思いついた。これなら、著作権は、自分にありますからね。

ただし、古いので、白黒であったり、写りが悪かったりして、結局
写真辞書では使えないものが多いが、うまく活用できるのではないかと
今、古いアルバムをひっくり返しているところです。

泳ぐのが嫌いな著作権フリーの子供

部屋に入りたい著作権フリーの犬



Bookmark the permalink.

Comments are closed.