ゾンビのプーさん

アニメ、「クレヨン しんちゃん」の作者が山の事故で亡くなった。

元気でイタズラ好きな、しんちゃん は、日本だけでなく海外でも人気らしい。
スペインでは、子供に大人気だとか。

マンガがテレビアニメになり、人気が出ることは多いが、ロングセラーになることは少ない。
日本では何十年も続く子供向けのテレビアニメというのが存在するが、その席は
だいたい、5つぐらいで、増えも減りもしない。
なかなか席は空かない。

10年に一度くらい入れ替えがあり、しんちゃんは、ここ10年でその席の確保を確実にしつつある
大物ルーキーという扱いだった。

突然の訃報で、出版社は慌てたようだ。
漫画家の著作権は、出版社が管理していることが多く、映画やテレビ、雑誌の連載などが
一度に終ってしまうと、大打撃になる。

結局、訃報から、一ヶ月もたたないうちに、しんちゃんのテレビの連載は、続くことが決まった。

日本のマンガは、作家にもよるが、だいたい10人くらいのチームで分業で作られている
ことが多いそうだ。作家は、おおまかなストーリーと、重要なところの絵だけを描き
背景や途中の絵は、スタッフが描く。

人気漫画家は、小さな会社を作り、漫画家の卵を社員として雇い、いくつもの雑誌の
連載をこなす。

ただ、人気が出て、テレビのアニメーションが始まると、もう手が足りなくなってくる。
スタッフの数は膨れ上がり、ストーリーを考える人、女性専門に描く人、主人公専門の人。
背景の機械類だけを担当する人、などと、どんどん細分化され、ちょっとしたアニメーションの
工場となる。

作者は、次第に、直接、製作に関わることはなくなり、ストーリーや絵に、OKを出すだけの
「管理職」に、なっていくことは、珍しくないそうだ。

先日、くまのプーさんが、復活する、というニュースがイギリスから届いた。

私は、作者が亡くなった後、キャラクターで商品を作るところまでは許すとしても
新しいストーリーを作るのは、ルール違反で、創造性というものに対する敬意を欠いた行為だと思う。

しかし、しんちゃんの時も、プーさんの時も、そういうことを言う人は誰もいなかった。
私が、ルール違反などと言っても、そんなルールは世界には、ないからだ。

マンガやアニメの世界は、そのうち、ゾンビ達に乗っ取られてしまうだろう。



Bookmark the permalink.

Comments are closed.