憂鬱な足し算

いろんな統計があるので、いくつかの数字の平均をとると、第二次世界大戦での
日本の戦死者が、約300万人。アメリカの戦死者は、約40万人。
アメリカは、独立戦争の戦死者の数は、約60万人で、第二次世界大戦よりも
多いのも意外な数字だった。

第二次世界大戦後、ほぼ10年おきに戦争をしているアメリカの戦死者は
累計で、10万人前後。少ない。アメリカは、民間人の犠牲者がとても少ない。

これに対して、日本は、戦争をしていないので、戦死者といえる数は
戦後、ほぼゼロといってもいい。

ちなみに、21世紀に入ってから、イラク戦争におけるイラク人の犠牲者は
約10万人程度ではないかといわれている。

さて、最も驚いた数字。このコラムを書くきっかけになった数字は
以下のとおり。


統計によると、日本の戦後の自殺者の累計は、約150万人。
これは、自殺と確定した人の数字なので、実際にはこの10倍くらいではないか
といわれている。
10倍というのは、少々、誇張があるかもしれない。その半分の5倍としても
戦後、なんと、750万人の人が自殺したことになる。

先日、去年の自殺者が3万人を越えて、高い数値だったことが発表された。
政府は、対策チームを作ったそうだ。

自殺者の累計なんて、数字は、あまり計算されることはないので、これまで
考えたことがなかったけれど、昨日、ふと、気がついて、計算してみて驚いた。

750万人ですよ。
う~ん。何と言ったらいいのか、わからない。。。



Bookmark the permalink.

Comments are closed.