アマゾンとアップルの電子書籍戦争が話題になっている。
今月はグーグルも参戦するとのこと。

日本では、小説など一人で本を作る場合、著作者の収入となるのは、一般的に
「印税」と呼ばれることが多い。で、それが、10%前後であることも
知られている。

調べてみると、他国と比較して、それほど低いわけではないようだ。

しかし、30%とか70%という印税は、大きなインパクトがある。
著作者に入るお金が増えるというハナシではなく、独立系の編集プロダクションが
十分にやっていける%だからだ。

本は驚くほど売れなくなってきている。

特に、去年の落ち込みは酷かった。
書籍は、3ヵ月に、記録的に売れるものがひとつかふたつ。
残りはほとんど利益が出るかどうか、という程度にしか売れない。
売れた本のタイトルは、次々のマネをされる。
「力」という字が入った本は売れる。なんてことになり、翌月には
そういうタイトルの本がずらりと書店に並ぶ。

出版社の大きな収入源は、雑誌の広告とマンガだが、雑誌の広告はネットに
抜かれ、マンガは、少子化で、部数が落ちている。
去年の出版社は軒並み赤字。
紙媒体を扱う限り、上向く可能性はほぼゼロだと思う。


30年ほど前は、人口1000人くらいの町には、小さくとも書店があった。
1万人が住んでいるエリアにひとつは大型書店があり、マンガも
ジョイスの「ユリシーズ」も買えた。

今、東京から50キロ離れると、書店はほとんどない。
地方では、10万人規模の都市に大型書店、1つあればいいほうだ。
しかし、この大型書店には、ベストセラーが積み上げてあるだけで
もちろん「ユリシーズ」は置いていない。
書店員に聞いても、「ゲームですか?」と言われるだけ。

私の地元で自転車で行けるところにある書店は、テニスコートくらいの広さだが
先日、「時刻表ありますか?」と若い店員に尋ねたら、「少々お待ちください」
と言って、レジの隣のコンピューターで検索し、置いてある場所を探していた。。。

もう、アマゾンで買うしか選択肢はない。

20年前は、通勤、通学の電車やバスでは、半分くらいの人が本を読んでいたが
激減した。今は、半分以上の人々が携帯を覗いている。2割が読書。

日本人は、本を読まなくなったかもしれないが、活字を読まなくなったわけじゃない。
そういう意味では、未来が暗いわけではない。
この点、テレビや映画と比べるとまだマシかもしれない。



Bookmark the permalink.

Comments are closed.