Mrs.Onomatopoeia

About Mrs.Onomatopoeia

Yuko Kimizuka. Director of Educational Affairs Section. Worked for a private company until 1994. In 1996 started working as a Japanese teacher specialised in private lessons. Teach mainly those who are at the executive positions. Writing serially weekly materials regarding idioms and Onomatopopeia for intermediate Japanese learners at http://webjapanese.com/blog/onomatopoeia/

ありがとうございました




2005年の12月末から連載を始めた
この「Mrs.Onomatopoeia’s Diary」ですが
今日でひとまずおしまいになります。

日本語は擬音語擬態語の多い言語です。

何でも言葉で説明を尽くすほうが良いという文化の方には、
一言で簡単に表せてしまうオノマトペは、
時には「頭の悪い表現」と思われることもあるようです。

でも日本語では、適度に使うことによって
より分かりやすくなったり、
より豊かな表現ができるようになったりします。

日本語を学習している皆さんには
是非、食わず嫌いをせずに、どんどんオノマトペを
取り入れていっていただきたいなと思っています。

毎週毎週、暑いとか寒いとか、そんなことを
だらだらと書き続けてきましたが、長い間
読んでくださって、本当にありがとうございました。

投稿は消さずにとっておきますので
また、何かの時に使い方を確認しに来ていただければ
幸いです。

では、皆様、良いお年をお迎えください。
来年が皆様にとってより良い一年になりますように。



ほっ


いよいよ今年も残すところ、あとわずか。

日本では最後の週まで働く人も多いのですが
海外ではそろそろお休みに入られている方も
多いのではないでしょうか。

12月は、なぜか忙しいですね。

年末までにやらなくちゃいけないことがたくさんあります。

私もそんなことの一つを片付けては、ほっ1として
また一つ片付けては、ほっと一息。

そうやってまた今年の年越しを迎えるのだろうな。

あと一息、がんばります!


  1. 安心する様子を表します。
    また、安心して一息つくという意味もありますが
    一緒に使って「ほっと一息」と言うこともあります。 []

ねちねち


世界一有名なスパイ映画といえば、皆さんは何を思い浮かべるでしょうか。

つい最近、多分世界一有名なスパイ映画の一つが
封切りになりまして、私も早速見に行ってきました。

なんでも、その映画は今年50周年なんだとか。

昔の作品への敬意を払ってということなんでしょうか、
懐かしい車や装置が登場したりして
なかなか楽しい作品でした。

今の6代目の主人公もイイ男ですしね。

色々楽しい映画なんですが、ひとつだけ気に食わない点が!

主人公の上司を審問委員会に呼んでねちねち1と問い詰めて
挙句の果てには、周りの人に「そろそろ証人にも意見を聞いては・・・」と
とがめられる役の人が、女性だったということ。

娯楽映画なので、深読みする必要は無いんだと思いますが
「こういう、うざったいオバサンいるよね~」と言う
妙な男目線を感じたのでした。

私の会社員時代、ねちねち嫌味を連発するのはオジサンだったよ。


  1. しつこく話す様子、またはそういった性格を現します。
    くどいという意味もあります。 []

きゅん

先日、家のポストに手書きのビラが入っていました。

「うちのネコがいなくなりました。
見かけたら連絡をください。」
というもので、そのネコの写真が貼り付けられ
体長やその他の特徴が、子供の字で書かれていました。

そのネコは片目が見えないとの事。

そのビラを書いた子はどんなに心配しているでしょう。
そして、ネコも家に帰れなくなって心細い思いをしているんじゃないか。

色々考えたら、きゅんと1してきてしまいました。

今年は例年より寒い日が続いています。

一日も早く、ネコがその子の元に帰れますように。


  1. 切なくて、旨が締め付けられ、涙が出そうになる様子を表します。 []

けろり


最近、忙しいせいか、年のせいか
しなくちゃいけないことをけろり1と忘れていてあせった
ということが何度かありました。

すべて、直前に思い出して事なきを得たのですが
思い出したとたんに、冷や汗が出ましたよ。

そこで思ったのは、やることを何でもかんでも
スケジュールに書き込むのはよくないんじゃないかって事。

私の場合、書くことによって安心してしまうようなのです。

書いてあるので、まめにスケジュール帳を開けば
問題は無いのですが、タイミングを逃してしまって見そこねたとか
なぜか見逃したとか、何らかの理由でそれを見なかった場合
無かったことになってしまうのが怖いです。

これから年末に向けて、ますますやらなくちゃいけないことが増える時期。

これ以上、忘れてあせることの無いように
もうちょっと地に足をつけて生活します。


  1. 跡形も無くなくなる様子を表します。 []