Mrs.Onomatopoeia

About Mrs.Onomatopoeia

Yuko Kimizuka. Director of Educational Affairs Section. Worked for a private company until 1994. In 1996 started working as a Japanese teacher specialised in private lessons. Teach mainly those who are at the executive positions. Writing serially weekly materials regarding idioms and Onomatopopeia for intermediate Japanese learners at http://webjapanese.com/blog/onomatopoeia/

みがはいる


英会話の学校で時々、「ここは高いし先生もあまりよくない。
だから上達しない。別の学校に変わろうと思っている。」
と言う話を聞きます。

私の行っているその学校は、高い方ではないし、先生も
まあまあだと私は思っています。
上達するかしないかは、学校の責任でもあるけれど
生徒の責任でもあると思います。

文句を言っている人ほどレッスンに身が入って [1]いない
ように見えるのです。



  1. [1]to accomplish something
    [lit. one’s body is into something]

しりにひがつく


最近、時間がたつのは本当に早いなと感じています。
今週もあっという間に土曜日になってしまいました。

新しいコラムを書く時間になったのに、
さっきまで何も考えていませんでした。
尻に火がついて [1]、今やっと
考えがまとまりました。

やれやれ。



  1. [1]time is fast running out
    [lit. One’s bottom catches fire]

すしづめ


今年、東京の夏は少しも夏らしくなく
涼しい日が多かったので、毎日の通勤は
とても楽でした。

ところが最近になってとても暑い日が
続いています。
汗臭いおじさんと一緒にすし詰め [1]
電車に乗るのは、あまりいい気分ではありません。

今日、東京の最高気温は34度でした。



  1. [1]to be packed like sardines
    [lit. to be packed like sushi]

ねこのひたい


毎年この時期になると、庭の草取りが大変です。
私のうちの猫の額 [1]ほどの広さの庭でも
全部をきれいにするには2時間もかかってしまいます。

でも、きれいになるととても気持ちがいいし、
鳥の声を聞きながらしばらく外で作業をするのも
楽しいので、草取りは家事の中では好きな方です。


 


  1. [1]a very small area / a tiny plot of land
    [lit] a cat’s forehead

うでをふるう


実家に父の友人が遊びに来るというので
手伝いに行きました。

久しぶりに、腕を振るって [1]料理をしました。

いつもは時間がないことを言い訳に、簡単な
料理ばかり作っています。
たまにはうちでも腕を振るわなくては!



  1. [1]show one’s skill
    [lit. shake one’s arm]