あたまをしぼる


このコラムを書くのは週に1回なので
そんなに大変ではありません。

でも、時々いくら頭をしぼって [1]
いい考えが浮かばない事もあります。
そういう時は長い時間考えていてもむだなので
あきらめて、別のことをするようにしています。



  1. [1]to rack one’s brains
    [lit: to squeeze one’s head]

あたまにくる


平日の昼間に家にいると「マンションを買いませんか」や
「投資にきょうみはありませんか」という電話がよくかかって
来ます。

先日もそういう電話があったので、ていねいにことわって
電話を切ったのですが、その直後にまた同じところから
かかってきたのです。
「先ほどもお電話をいただきましたが・・・」と言うと
「お宅は電話が二つあるんじゃないんですか!」と
逆におこられてしまいました。

どうして私がおこられなければいけないのでしょうか。
頭に来た [1]ぞ!!



  1. [1]to get mad
    [lit: come to one’s head]

いのちのせんたく


ついこの間まで、暑い暑いと言っていたのに
近ごろは、朝晩寒いくらいになってきました。

山の方では、木々の色が変わり始めています。

先週末、キャンプをしに山に行きました。
美しい紅葉を見て命の洗濯 [1]をしてきました。
そのおかげか、今週はとても元気でした。



  1. [1]diversion
    [lit. laundering of life]

うでをふるう


実家に父の友人が遊びに来るというので
手伝いに行きました。

久しぶりに、腕を振るって [1]料理をしました。

いつもは時間がないことを言い訳に、簡単な
料理ばかり作っています。
たまにはうちでも腕を振るわなくては!



  1. [1]show one’s skill
    [lit. shake one’s arm]