やまがあたる


学生のころ、長い時間勉強するのがきらいでした。

それよりも、本を読んだり音楽を聞いたりするほうが
ためになると思っていたのです。

ですから、試験の前にはいつもどんな問題が出るか
山を当てて [1]、なるべく勉強の時間を短くしようと
していました。

(つづく)



  1. [1]to guess right
    [lit:the mountain on which one speculated makes a profit]

ゆびをくわえる


最近、東京では再開発がさかんです。
おしゃれなお店やレストランが次々に開店していて
外国の街のように見えるところもあります。

それにしても、ブランド物はどうしてあんなに高いのでしょうか。
いつもウインドの外から、指をくわえて [1]ながめています。



  1. [1]to look enviously at something
    [lit:to put a fonger in one’s mouth]