ざっくざく




2009年がスタートしましたね。

今年はどんな1年になるでしょうか。

不況だとかで、暗いニュースが多いですね。

日本の昔話に、かわいがっていた飼い犬に、裏庭を掘ってみてと
言われて掘ったところ、大判小判1ざっくざく2と出てきたという
お話があります。(詳しく知りたい方は「花咲かじいさん」という
日本の昔話を読んでみてくださいね。)

まあ、うちの裏庭を掘っても、出てくるのは虫くらいでしょうが
小さな幸せなら、庭を掘らずとも、その辺に落ちているものです。

暗いニュースに踊らされず、日々の小さな幸せを見逃さず、
楽しく元気に過ごせる一年であるといいなと思っています。

大変な一年になってしまうかもしれませんが、皆さんが
幸せな瞬間をたくさん感じられる年でありますように。

今年も、Mrs.Onomatopoeia’s Diaryをよろしくお願いいたします。


  1. 日本の昔のお金のことです。 []
  2. 埋まっているたくさんのものが出てくる様子と音を表します。
    「ざくざく」ということもあります。
    また、「ざくざく」は、切り方が荒い様子を表すときにも使います。 []

ぽつぽつ


北京オリンピックが始まりましたね!

昨晩は、思わず開会式に見入ってしまいました。
規模が大きかったですね~。人も多かったし。

さて、話は変わって、夏に、にわか雨が多いのは
いつものことなんですが、最近、急にザーザー降りの
雨が降ることが多いんです。
「バケツをひっくり返したような雨」なんていう表現も
あるくらい。

実は、今からちょっと出かけようかと思っているんだけど
外に干してある洗濯物をしまっていくかどうか、悩んでます。
しまって行けば安心なんだけど、まだ乾いていないのだ・・・。
そして、遠くで雷が鳴っているの。
まだ、うちのあたりは晴れているんだけどね。

最近の雨は、ぽつぽつ1降り出したかなと思ったら
もう次の瞬間には、ザーザー降りになるんだよね。
だから、せっかく乾きかけた洗濯物も、すぐにぬれてしまう。

う~ん、なんだか危なそうだから、しまっていこう!

  1. 雨やしずくなどが、一滴、また一滴と落ちる様子を表します。
    「ぽつりぽつり」とも言います。 []

ぎゅうぎゅう


毎週、暑い暑いと、そんなことばかり書いていても
涼しくなるわけではないので、今日は違う話です。

これを読んでくださっている方が、どんな場所に住んでいるか
わかりませんが、都市近郊に住んでいて、毎日
都心部へ向かって電車通勤している方というのは、
どのくらいいらっしゃるのでしょうか?

そして、その電車はどのくらいこんでいるんでしょうか。

私は、東京の中心へ行くには、電車に乗って30分くらいかかる
場所に住んでいるのですが、朝晩の通勤時間は
ぎゅうぎゅう1の満員電車に揺られています。

東京は人口が多いことと、仕事をする場所が主に
東京の中心に集まっていることで、通勤電車がこんでしまうんです。

それを解決するには、郊外にも、仕事をする場所や
遊ぶ場所を増やすか、みんなが東京の中心に
すめるようにすればいいと思うんですけど、まあ
そんなに急に状況が変わるとは思えませんよね。

私の場合、東京の中心に住むという選択肢もあると思うんです。

でも、やっぱり、緑の多い土のあるところに住みたいし
だからといって、東京以外で仕事をするのはちょっと
難しいし・・・・
そうなると、ぎゅうぎゅう電車を我慢するしかないんです。

どっちがいいか、それは人それぞれだと思うんですよ。

ぎゅうぎゅう電車も、慣れてしまえば、まあ、なんとか我慢できますよ。


  1. 隙間や余裕がなく押し付けあっていることをあらわします。 []

くらくら


子供のとき、夏休みには、家の中なんかには
いないで、外で遊びまわっていたものです。

外で遊ぶのは、とても楽しかったはずなのに・・・

今では、外にいる時間はできるだけ短くしようと
そんなことばかり考えてしまいます。
おばさんになったということですね。

花に水をやったり、庭の掃除をしたりするのも、できるだけ
短時間でと考えてしまうし。
長い時間、太陽にさらされているだけで、なんだか
くらくら1してきちゃうし。

あ、いや、本当にくらくらするわけじゃないんだけど、
強い日差しを見るだけで、そんな気がするんです。

近所の子供が、外で楽しそうに遊んでいる姿を見て
日焼けするのも、汗をかくのも気にせずに外で思いっきり遊んだ
自分の子供のころを懐かしく思い出すのでした。


  1. めまいのする様子を表します。 []

ごくごく


本当にしつこいようですが、暑いです。

でも、こんな暑いときには、暑いときの楽しみがあるってもんです。

この時期、仕事終わりに駅のジューススタンドで
おいしいジュースをごくごく1飲むと、とてもおいしく感じるし、
なんだか幸せ~な気分になります。

日本では、ちょっと大きめの駅にはたいてい、
ジューススタンドがあって、季節の果物を使ったジュースを
売っています。
そこはビンや缶に入ったものを売っているのではなくて、
果物と氷や牛乳を混ぜるジューサーという機械があって、
お店の人がその場で作ってくれるんです。

毎日、「今日は、桃にしようかな~、メロンにしようかな~」と
考えながら駅まで歩くのも、また楽しい!

さて、週明け一日目には、何を飲もうかな?


  1. のどを鳴らすように(実際は鳴っていないこともあります)、勢いよく
    水や飲み物を飲む様子を表します。 []