さっぱり


今年の春は、少し寒いくらいの日が多かったのですが
いつの間にか、初夏、そして、もうすぐ梅雨がやってきそうです。

気温も高く、湿気も多く、あまり快適とはいえない日々の
始まりです。

でも、不快な日だからこそ、お風呂から上がった時や
シャワーの後のさっぱり1感が、なんとも心地よいのです。

うちに帰って、お風呂に入ってさっぱりしてから、
ビールを一杯!

こういう楽しみも、働く励みになるってもんですね。


  1. 後に残る不快感がない様子を表します。 []

がんがん


東京の桜は満開です。

最近は暗いニュースが多いけど、桜が咲いたって言うニュースは
読んでいる方もうれしそう。
そして、桜の下でお花見している人もうれしそう。
きれいなものを見て、楽しくおしゃべりして、酔っ払いは迷惑だけど
ちょっとはお酒も飲んで、また新しく頑張れたらそれでいいよね。

気が付けば4月が始まっていました。
新しい年度の始まりです。

色々なことが、さらに大きく変わっていきそうな今年度
考えすぎて進めないよりは、がんがん1進んだ方が
いいなと思ってます。

咲きほこる桜を見て、そんなことを思いました。

今年も美しい桜が見られたことに、感謝。


  1. 勢いよく何かをする様子を表します。
    また、頭痛の時、頭を何かに打たれたような
    また響くような感じがするときにも
    「頭ががんがんする」と言います。 []

どっぷり


皆さん、何か、「はまっているもの」ってありますか?

例えば、ゲームとかマンガとか、その他ブログにはまる人も
いるみたいですね。

最近は、Twitterにはまっている人も多いみたい。

私は、何かにはまることは少ないんですが、本を読む場合
ある作者にはまって、どっぷり1とその世界に浸るのは
結構好きです。

「あ、この作家好き」と思ったら、その作家の作品は
立て続けに読むタイプです。

2,3作で飽きちゃう場合もあれば、全然飽きない場合もあり。

今手元に、全然飽きていない作家の未読の本があります。
だから、今週末は天気も悪いことですし、部屋を暖かくして
本の世界にどっぷり浸る予定です。

しあわせ~。


  1. 湯水の中に充分に浸る様子を表すときに使います。
    他には、仕事、趣味などの環境や世界観に浸る様子も表します。 []

こそこそ


ふと、思ったこと。

大人になると、こそこそ1と何かをすることが少なくなるということ。

思い返してみると、学生時代には先生に隠れて授業中に
こそこそと机の下で本を読んでみたり、何かちょっとした
悪さをするときにも、こそこそしていた気がします。

こそこそすることは少なくなった大人でも、
こそこそ話しをすることは、多分あると思うんですけどね、
私の場合、あまり集団に加わることがないので
こそこそ話すこともほとんどないんですね。

ま、こそこそしたいわけじゃないので、何も問題では
ないのですが、次のオノマトペは何にしようかなと
考えていて、ふと、こんなことが頭に浮かびましたよ。


  1. 他人に気がつかれないように何かをしたり、
    他人に聞こえないように何かを言ったりするときに使います。 []

ぷちぷち




皆さん、明けましておめでとうございます。

国によっては、新年ではないところもあるかも
しれませんが、日本は新しい年が始まりましたよ。

皆さんの国では、特にお正月に食べる料理がありますか?

日本には「おせち料理」というのがあって
年末に作りためておいて、お正月の3日間はそれを
食べるという風習があります。
(最近は作らないで買う人も多いみたいです)

説明が長くなっちゃうので、おせち料理の説明は
省きますが、私はその中に入っている
「数の子」とか「いくら」とかが好きです。
どちらも魚卵で、ぷちぷち1とした食感が良いのです。

ただ、コレステロールが高いので、食べすぎには注意なのです。

ああ、いきなり食べ物の話で始まりましたが
今年もよろしくお願いいたします。


  1. 小さな気泡や水泡がはじける音を表します。 []