50歳以上の人の顔

九月一日は、過去に大きな地震があった日で、防災の日となっている。

毎年、防災服を着た総理や政治家の姿がニュースで
流されるが、今年は、官房長官(かんぼうちょうかん)がその役だった。

これがひどかった。

この人は、いつのまにか官房長官になっていた。

普段から、存在感は薄いし、体は貧弱、コメントを読むときも質疑応答の時も
生まれてから自分の意志で何かを話したことがないようなトーンでボソボソと
当たり障りのないことをつぶやくだけである。

防災服にヘルメットをかぶったその姿は、間違いなく
災害時に最も役にたたないタイプの人間そのものだった。

しかし、こういう人間は今の日本で出世するのだ。

最近、テレビに出てくる50歳以上の人物の顔はもう本当にひどいことに
なっているように思う。


ビッグイベント

オリンピックが終わり、テレビでは、主にメダルを獲得した選手に密着(みっちゃく)
したドキュメンタリーが多くみられるが視聴率はよくないようだ。

どうも最近はビッグイベントが終わった余韻は長くは続かないようだ。
オリンピック関連の番組は減り、もうすっかり過去のことになりつつある。

戦後、東京で行われたオリンピックは、その後の影響も大きかった。
人々は何年たってもオリンピックのことを語り合い、選手はいつまでも英雄
だったそうだ。

もうオリンピックは、単なる豪華なテレビ番組といったかんじだ。


ロシアの学校のテロ

ロシアの学校でのテロ事件は、最悪の結果となった。

子供が犠牲者になる事件のことを書くのは気が重い。
このコラムも3,4年前までは、時事的な話題も意識してとりあげて書いていた。

中級者以上にとっては、そのような時事的なことを話す機会が必要だし
日本人の友人との会話で話題にのぼることもあるだろうと考えたからだ。

しかし、だんだん書く気力が失せていった。
ちょうどそのころ、幼児虐待(ようじぎゃくたい)のニュースが続き、あまりの
陰惨さに、どう書いたらいいのかわからなくなったからだ。

テレビでは、ケガをした子供たちが運ばれている映像が流されている。
もちろん、チェチェンでは、ロシア軍の軍事介入によって4万人以上の子供たちが
殺されているという事実も報道されている。


自動車評論家

三菱自動車(みつびし じどうしゃ)が、欠陥(けっかん)部品を秘密裏
(ひみつり)に修理していたことが明らかになってから、皆、疑心暗鬼
(ぎしんあんき)になっている。

不思議なことに自動車評論家と呼ばれる人たちは、ほとんど発言しない。

車に詳しい知人によると

「評論家ってのは、メーカーの人と仲がいいからね。それに、他の会社も
 同じようなことはやっているのを知っているから、三菱は運が悪いだけと
 考えている人が多い。

 今回の問題はトラックでしょ? トラックのことってあまり知らないし
 変なことを言ってメーカーの人ににらまれると取材をさせてもらえなくなったり
 するんだよ
  メーカーから試乗会の招待状が来るのが彼らのステイタスだから」

ということだ。


Apple

私は30歳になってからパソコンを始めた。
使いやすいという評判のAppleを買った。

Appleは評判どおり使いやすいパソコンだった。
サイト作りに必要なグラフィックソフトやフリーソフトも充実していて
個人で仕事をする武器としては最適だった。

しかし、仕事に使う機会が多くなるとウインドウズの知識も必要になってくる。
よくある理由で、ウインドウズも使うようになった。
ウインドウズは特に特徴はないがユーザーが多いということはいろいろと便利だし、安い。

もう3年ほど両方、使ってきた。

Appleは、2年ほど前にOSをガラッと変えた。
評判は高いが、古い機種では、そのOSは使えず、ソフトはすべて買い換えないといけない。

今、私が持っているAppleは、そろそろ買い替えなければならないようだ。
フリーズすることが多くなった。

さて、もう新しいAppleを買う経済的な余裕がない。
ハードだけなら、まだしも、ソフトもすべて買い換えるとなると、途方もない
お金がかかってしまう。

今年中には、完全にウインドウズに乗り換えることになりそうだ。

Appleにはお世話になった。サイトを自分で作ったり日本語のデータベースを
作るなんてことは、Appleでないとできなかったかもしれない。

私はハードには、まったく興味がない。
車もパソコンも道具に過ぎないし、ファンになったりはしない。

でも、Appleはいいパソコンでしたよ。