最後の職業

昔、私の好きな野球選手が、一年間を振り返って、深刻な顔で
「今年、もしダメだったら、屋台でもひいて商売をしようと思っていた」
と話していた。

口下手で、人付き合いの下手なその選手は、引退後の職業など考えたことも
なかったのだろう。

その必要はなかった。残念ながら、彼は、その後、40歳で亡くなってしまった。

ただ、こういうプロスポーツ選手は少数派だ。
たいていは、チームの親会社に仕事を紹介してもらったり、引退した先輩に頼み込み
テレビやラジオの解説者になったりする。
スポーツ選手としての寿命が見えてくると、「就職活動」を始める人は多いそうだ。

同じスポーツでの再就職以外にも、いろんな道がある。

例えば、うまくいけば、選挙に立候補することができる。政党にとって、有名スポーツ選手の
知名度は魅力的だ。

ちょっと地味な選手だと、市会議員、有名なら、県知事や国会議員になることができる。

さて、これらの人々は、当選しても、ほとんどの場合、たいして結果を残さずに辞める
ことになる。
先輩、後輩の関係が強い、スポーツの世界にいたせいか所属する政党の先輩の議員の
指示通りに、立ったり、座ったりしているだけである。当選後は、先輩議員にペコペコしている
姿はみかけるが、法案に対する考え方などを聞くチャンスはない。

こういう人は、議員を辞めた後も、まだ仕事がある。
おそらく立候補したときに、そういう約束になっているのだろう。
落選しても、当選して辞めた後も、仕事の世話はしますよ、といったようなことだ。

辞めて三ヶ月ぐらいすると、彼らが、地方の私立大学で教授になったというニュースが
小さい記事になることがある。地方の私立大学は、国会議員が経営していることが多い。
講師としてなら、教えるための勉強はしなくて済むし、体験談を話せば、学生は集まる。

数年後は、「**大学講師」という肩書きで、再就職だ。
人前でしゃべる度胸がつけば、地方から講演に呼ばれることになる。
元議員で大学講師であれば、講演料も数十万円から数百万円になることもあるそうだ。
講師として、有名広告代理店のリストに載れば、一生、講演だけで食っていけるらしい。
地方自治体が主催する講演会は、多い。

このころには、スポーツ選手だったころからは、すっかり顔つきも変わりスーツも似合うように
なっている。

オリンピックは、その手の人物を生み出すイベントでもある。
金メダルをとれば、大きな欠点がないかぎり、まあ国会議員にはなれるようだ。


エイプリルフール

今朝、メールをチェックすると、知らない財団からおかしなメールが来ている。
ジャンクメールかと思ってチラと見ると、どうやら、長年の語学教育への貢献に
対し賞をお受けとりください。という内容だ。

これから生涯にわたって。助成金として年間一千万円が支給されるらしい。
協賛企業には、名だたる会社が書かれている。
そのうちのひとつに電話をしてみると、明日、車でお迎えにあがります。
とのこと。

困った。 明日は、図書館に本を返しに行く日なのだ。

今朝、知らない女性から電話がかかってきた。

□ スミマセン、いつも、喫茶**でウエイトレスをしているものです。
  あなたが仕事をしている姿が忘れられなくて。

■ (ああ、あのモデル風の子かと思い出す)ああ、ありがとう、うれしいよ。でも君は若い。

□ そんなこと、関係ないんです!

困った。 これだから喫茶店で日本語のレッスンをするのはイヤなのだ。

先日、ヨーロッパで、試合後のインタビューで活躍したナイジェリアのサッカー選手が
「日本での修行時代、たまたま一緒にサッカーをした男性からインスピレーションを受けた」
と語り、今、その男性探しが始まっているらしい。
ネットで記事を読むと、その選手の名前に覚えがある、、、、

困った。 また周辺が騒がしくなりそうだ。
確かに、あの時、彼はカミナリに打たれたような顔をしていたっけ。。。


レンタルDVDショップ

レンタルDVDショップ

今でも、レンタルビデオ、と呼ぶ人はいる。
まだ、ビデオも置いている店は多い。

ただ、都市圏では、ほとんどDVDが主流になっている。

今は、映画館はガラガラだが、レンタルDVDショップに行けば、いつでも
そこそこに人はいる。

よくアジアは、コピー天国だ、とか、オリジナリティに対する敬意が感じられない
などという話しを聞くが、今、レンタルDVDショップの棚を占めているのは
アメリカ製で、

1) 12巻ワンセットで、シーズン1,2,3、、、と続くドラマ。

2) 気がついたら、どこかに閉じ込められたヒトが、犯人らしき人物と「ゲーム」をしながら殺される
   サスペンス映画。

それぞれ10種類ほどある。製作会社も監督もまったく別のものだ。

もうオリジナルが何だったのかわからないほどだ。


ショッピングモール

今、日本全国に大型ショッピングモールがどんどん作られている。

車で行っても停めることができない、かつての街の中心街は、もう完全に
廃れてしまった。
鉄道の駅前の商店街は、ほとんどシャッターが降りたままだ。

大型ショッピングモールは、名前に特徴がある。
ほとんどが、外国語と地名の組み合わせになっている。

例えば

インセンス
イオン 
UNICUS
アリオ
モラージュ
ララガーデン
アクロスプラザ

これらに地名がついて正式な名前になる。

新宿(しんじゅく)だったら、「アリオ新宿」になる。

こういうショッピングモールにも、明暗がある。
開店してから、常に駐車場がいっぱいというところもあれば
三ヶ月であっという間にゴーストタウンとなったところもある。

「勝ち組」のショッピングモールに行く。

面白いと思ったのは、家族単位で動いている人がいないこと。
車でないと行けないので、行きと帰りは、家族で動くが、ショッピングモール
に着くと、「じゃあ、2時間後に入り口のところで」と待ち合わせるようだ。

東京で有名な、とか、雑誌に載っている、という店が多いらしい。

一方、「負け組」のほうは、、、

駐車場はまばら、1500台停められるそうだが、停まっているのは
100台ぐらいだろうか。

歩いていて、確かに魅力がない専門店が並ぶ、店員は、もう諦めたのか
店の奥で談笑している。
時々、私を見つけて必死の形相で声をかける店もある。

その圧力に押され、だんだん歩きにくくなってきた。

がらんとした巨大な建物を歩いているとゾンビ映画の主人公に
なったような気分だ。

負け組のショッピングモールは、自らが駆逐した、駅前の商店街
よりも悲惨なことになっている。
駅前の商店街は、まだ通り道なので、人は通るが、ここは
車で来ないといけない「離れ小島」なのだ。


XP的停滞

最近、思いついたことなど。

・ プーチンさんは、今後、SPに扮装して、新大統領について回るのはどうか?
  多分、こういうアイデアのマンガが世界中の新聞や雑誌に載っているでしょうね。

・ オバマさんは、日本のニュースでは、「オバマ氏(し)」と紹介される。
  日本の「小浜市(おばまし)」が、応援の手紙を送ったり、その返事が返ってきたと
  市長が自慢げに、紹介したりと、大騒ぎしている。
  
  調べてみると、この小浜市は、人口が3万人程度。
  面積は、232.85平方キロメートル。
  海と原子力発電所も近く、アメリカ軍基地を置くには、ぴったりかもしれない。

・ そろそろオリンピックの話題が目立ってきた。テレビやDVDレコーダーは新製品ラッシュ。
  競技のスケジュールは、大スポンサーであるアメリカのテレビ局に決定権があり、人気競技の
  決勝が深夜になったり、予選が早朝になったり、するそうだ。
  こういうことに堂々と異議を唱える選手が現れたら、どこの国であろうと、私は全力で
  応援するのだけれど。

・ ウインドウズVISTAは、ハードの性能が要求されるので、OSだけチェンジ
  というわけにはいかない。
  おまけに、XPとVISTAの機能の違いは、さっぱりわからない。
  というわけで、なんとなくXPを使い続けている人は多い。

  このことは、なんとなく、今の世の中を象徴しているような気もしますね。
  「XP的」「VISTA的」なんて言い方もそのうち流行るかもしれません。