日本語教材のウェブサポートへの提案

    サポートサイトに期待されているもの   まず、日本語の教材のサポートサイトでありがちなことですと、執筆側(学校、公的機関、グループなど)と出版社で2つできてしまうことが多いようです。 … Continue reading